【Windows】便利なショートカットキー紹介

この記事は、 KENTEM TechBlog アドベントカレンダー2023 8日目、12月12日の記事です。

こんにちは。第二開発部の中前です。今年新卒で入社し、業務の中でショートカットキーを使用するようになりました。今回は入社後、頻繁に使用しているショートカットキーを紹介させていただきます。

まず、開発に関わらず業務全般で使用しているショートカットキーを紹介させていただきます。

  1. Ctrl + C コピー

  2. Ctrl + V 貼り付け

  3. Ctrl + X 切り取り

  4. Ctrl + A 全選択

  5. Alt + Tab アプリケーションの切り替え

これらは、使わない日はないほど頻繁に使用しています。 1~4程ではないですが、5は毎回画面下のタスクバーから開いているアプリを探さずとも、アプリを切り替えることができるため覚えておいて損はないと思います。

ここではWebサイトで検索する際に、よく使用するショートカットキーを紹介させていただきます。

  1. Ctrl + F 文字検索

  2. Ctrl + Shift + T 閉じたタブの復元

  3. Ctrl + T 新しいタブを開く

  4. Ctrl + W タブを閉じる

  5. Ctrl + tab 次のタブへ移動

1の文字検索に関しては知らない人と知っている人でかなり差がでる機能だと思います。例えば、縦に長いWebサイトから自分の探したい内容に一致する言葉を検索することで、その言葉の箇所に移動することができ必要な情報をスムーズに得ることができるようになります。また、2については誤って削除してしまったタブを復元できるので、知っていると意外と便利な場面が多かったです。

ここでは、開発時に使用することの多いショートカットキーを紹介させていただきます。

  1. Ctrl +Z 元に戻す

  2. Ctrl+Y やり直し(Ctrl +Zをする前に戻ります。)

この二つは使用頻度が最も高いです。打ち間違いをした際や、変更前の状態に戻したくなった時などかなり使用する機会があったので、知らなかった方はぜひ覚えてほしい機能です。

  1. Win + E エクスプローラーの起動

  2. F2 名前の変更

  3. Alt + ↑ 親フォルダへ移動

エクスプローラーを起動し、ファイルを開いたり名前を変更したりすることが多くあったので紹介させていただきました。

ここでは私が開発時にメインで使用しているVisual Studio 2022にて使用しているショートカットキーを紹介させていただきます。

  1. F5 開始

  2. F10 ステップオーバー

  3. F11 ステップイン

  4. Ctrl + K → Ctrl + D ドキュメントのフォーマット

  5. F12 定義に移動

  6. Ctrl + - 直前に参照した行に移動

  7. Ctrl + K → Ctrl + K ブックマークの設定・解除

開発中にデバッグをすることが頻繁にあり、1~3に関しては覚えておくとマウスを動かさなくてよいため、手が少し楽になります。
5,6については、コードを読む際に必ず使用する機会があるため、Visual Studioの開発には欠かせないと思います。
7に関しては、1000行を超えるコードなど、該当する箇所を探すのが手間になるところにブックマークを付けておくことで、次に必要になったときにすぐに見つかり非常に便利なのでぜひ覚えてほしい機能です。

アプリによってショートカットキーが異なるため、使う機能全てを覚えるのはなかなか難しいと思います。まずは、自分の中でよく使用する機能のショートカットキーを決めて少しずつ覚えていくことをおすすめします。
私は、これからも新しいショートカットキーを覚えていき、マウスを動かす量を減らして楽に作業できることを目指していきたいと思います。

KENTEMでは、様々な拠点でエンジニアを大募集しています!
ショートカットキーを使用してスマートに開発したい方は、是非下記のリンクからご応募ください。
hrmos.co hrmos.co hrmos.co